2020年1月19日

タクシー転職したい意欲を高める

タクシー転職を考えたことがあるでしょうか。考えたものの、なかなか勇気が出ない場合には、その転職をするメリットを考えると良いかもしれません。タクシードライバーになることのメリットとして、道路にとても詳しくなることです。いろいろな抜け道や、どのように走れば早く目的地にたどり着くことができるか、また自分が知らない土地に行ったりすることも珍しくありません。いろいろなところに行くことで発見することも多く、そこから学ぶことも多いでしょう。さらにタクシーの仕事は、平日休みを取ることが可能です。普通のサラリーマンのように、プライベートで遊びに行くとなると、土日しかなく、どこに行っても混んでしまい、嫌になるものですが、平日休みを取ることができるために、いつもガラガラで空いている時間帯にショッピングをしたり、どこかのスポットに遊びに行くことができるので、混むストレスがないのと、楽しい時間を過ごせることで、プライベートがかなり充実します。

またタクシードライバーになると、接客の仕方を学ぶことにもなります。お客を乗せて、目的地まで運ぶために、乗り降りの気配りや荷物のこと、またその人の状況に応じた運転をすること、また話をすることもあるでしょう。そうしたことの経験が、接客スキルを高め、感謝される仕事ができるようになっていき、それが充実感につながります。

さらにタクシードライバーは、拘束される時間が長い、それはそうかもしれませんが、休憩も自由に取ることができるし、待機の時間もあるため、常に走りっぱなしということはありません。そして人を乗せて走っていると、あっという間に時間が過ぎているように感じるので、多少拘束される時間が長いとしても、それをしんどいと感じることはあまりないのです。

最後にタクシーの仕事は給料がとても良いです。一般の中小企業では月収が20万円に届かないところもありますが、タクシーの場合には、20万円は軽く超えてきますし、早いうちに月収30万円、やがてが年収で500から600万円に届くほどの給料を手にすることができるようになるでしょう。こうしたメリットを考えると、タクシー転職したいという意欲が沸いてきます。タクシー転職をした人の理由とは意外にも高い安定した給料制度にあるのかもしれません。